施工例・施工手順ガイド

コンクリート補修材

コンクリート補修材 施工手順ガイド

※ 動画には音声が含まれています。再生前にご確認ください。

  • 補修部位を清掃し、ゴミや砂埃を取り除きます。軽く散水していただくと付着力が上昇します。

    1.補修前作業

    補修部位を清掃し、ゴミや砂埃を取り除きます。軽く散水していただくと付着力が上昇します。

  • MKクリート45を必要な量だけ容器にとり、水を加えダマが無くなるまで練り混ぜます。(20kgあたり2.2Lの水量が目安です。)

    2.練り混ぜ

    MKクリート45を必要な量だけ容器にとり、水を加えダマが無くなるまで練り混ぜます。(20kgあたり2.2Lの水量が目安です。)

  • 練り混ぜたMKクリート45を速やかに補修箇所に充填します。セルフレベリング性があり、ある程度水平になります。

    3.施工

    練り混ぜたMKクリート45を速やかに補修箇所に充填します。セルフレベリング性があり、ある程度水平になります。

  • 必要に応じてコテ均しをします。フチ面はコテで擦り付けるように充填して下さい。

    4.コテ均し

    必要に応じてコテ均しをします。フチ面はコテで擦り付けるように充填して下さい。

  • 硬化が完了するまで気中養生します。養生中はMKクリート45に触れないで下さい。また衝撃及び急激な乾燥を避けて下さい。 (通常20℃の場合、1時間以内に交通開放が可能です。)

    5.養生

    硬化が完了するまで気中養生します。養生中はMKクリート45に触れないで下さい。また衝撃及び急激な乾燥を避けて下さい。 (通常20℃の場合、1時間以内に交通開放が可能です。)

〒475-0021 愛知県半田市州の崎町2番地111 
TEL 0569-29-2751(代)
FAX 0569-29-2742